戸塚の司法書士ならお任せ下さい。

司法書士安西総合事務所

zoomによる司法書士相談サービス

お問合せはこちら

司法書士業務メモ

戸塚の司法書士【ポイントとFAQ】

戸塚区、泉区、栄区で頼りになる司法書士をお探しの方は、迷わず安西綜合事務所をお選びください。
不動産に関する業務から、会社・法人登記、相続・遺言、成年後見、財産管理、借金問題など、司法書士が可能なすべての業務に対応いたします。
横浜市戸塚区で創業して以来、40年の間に数え切れないほど多くのお客様のご相談に乗り、ご要望にしっかり応えてきました。
フットワークの効く司法書士として、これからも皆様のニーズに的確にお応えしてまいりますので、安心してお任せください。

司法書士 戸塚 泉 栄

登記や相続など、日常生活ではあまり馴染みのない問題を解決したり、手続きを行うことに大きな不安を感じる方は多いでしょうが、そのことをしっかり理解した上で、それぞれが抱える問題や不安をきちんと時間をかけてお聞きして、今後の問題解決方法や手続きの仕方について分かりやすくご説明させていただきます。
その上で、ご依頼いただけた仕事には迅速に対応し、結果を出すことはもちろん、その過程にも満足してもらえるよう、すべての業務を誠心誠意努めさせていただきます。
相談には無料で対応しておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

01戸塚・泉・栄区で相続や登記手続き40年目となる司法書士事務所とは?

法律は社会秩序を維持するために強制される"社会生活の規範"と定義されています。平たく言えば、他人と関り社会生活を行う上での相互尊重のルール、基準で、国民の権利の実現を図るものです。また、司法制度は法律に基づき、公正な手続きを通じて違反に対処したり、争いごとを解決するもの。
国民がより身近に利用し、社会の法的ニーズに答えていける司法制度の構築が必要とされていますが、未だに法律家に相談するのはとても敷居の高いことではないでしょうか。法律家を介さなくてはいけない、具体的な問題がある場合でなければ接する機会がないという方がほとんどでしょう。
法律家には堅く、話しにくいイメージ、難しい法律用語の羅列で頭が痛くなると言ったネガティブな印象を持ってしまうもの。そんなイメージを一喝する若いエネルギーに溢れた司法書士事務所が戸塚にあります。
戸塚区、隣の泉・栄地域の法律家として創業から40年を超える実績を重ねています。現在、在籍する司法書士の年齢層は30代前半と言う若さで、若い力を活かし元気で明るく、フットワークの軽さでご依頼者様に対応しています。
相続や遺産継承、不動産登記などの手続きを専門とし、法律の難しい内容も分かりやすく丁寧に説明してくれる、親近感のある司法書士事務所です。

02司法書士への相談するのが初めての方

司法書士は国家資格であり、人々の財産と権利をを守りトラブルの法的解決を専門とする法律家です。
具体的な仕事としては不動産登記、商業登記、供託、裁判事務や、それらに関する法律相談をすることが出来ます。さらには法務局・地方法務局への申立ても含まれます。最も多いのは登記業務になりますが、遺言書作成や相続、財産問題や訴訟に関することも業務の一つです。また、法務大臣の認定を受けた認定司法書士であれば、簡易裁判所における民事訴訟、和解、調停などで当事者の代理人を務めることが出来ます。
このように司法書士の取扱業務は幅広いのが特徴ですが、司法書士ごとに自分もしくは事務所の得意分野を持っています。そのため、司法書士を探す際はご自身の相談案件を得意としている司法書士へ相談するのが必須です。ホームページなどに詳細が記載されていますので確認してみてください。

司法書士への相談するのが初めての方

我々の生活や社会活動の中で司法書士を必要とする機会が必ずあることから、「街の法律家」と呼ばれるほど身近な存在です。
高齢化社会における相続や財産問題への対策は前倒しが勧められていますから、近い将来を見据えて司法書士事務所を早めに探しておくのが賢いでしょう。

03司法書士に相談する際の3つのお悩み

法律によって守られている我々の暮らしですが、問題の解決にあたり、どのような法律相談をすればよいかあまり知らないものです。今回は、暮らしのトラブル解決において身近な法律家である司法書士にフォーカスしてみましょう。
司法書士が取り扱うのは、登記や裁判、借金問題や成年後見、遺言書作成など、権利や財産を守ることを主としています。
司法書士へ相談される方のお悩みから3つを挙げてみました。

1.どのくらいの費用がかかるか確認してから依頼を決めることは出来ますか?
→法律事務所のホームページには業務内容と共に、手続きの流れや費用目安が記載されています。お問い合わせの際、ご相談内容に対し費用を改めて確認してから依頼の可否を決めて問題ありません。

2.外出が難しいため、自宅から相談することは可能ですか?
→お電話やメールでのご相談、ZOOMによるご相談に対応している事務所があります。ご自宅に居ながら相談が出来るため便利ですし、司法書士への相談が初めての方は気軽にお話が出来ると思います。

3.法律に全く無知なのですが、分かりやすく説明をしてもらえるでしょうか?
→法律家は相談者のお悩みを解決するのが仕事ですから、ご理解しやすく丁寧に説明してくれます。心配なく、何でもご質問されるとよいでしょう。

04司法書士へ相談するべき司法手続きの種類とは?

司法書士は専門的な法律の知識に基づき、個人や企業からの依頼により裁判所や法務局などへ提出する書類の作成や手続きを代行するのが仕事です。
主な業務は不動産登記や、商業登記などの登記業務、裁判所への代理業務・裁判事務や供託手続きです。
法律相談に対応している専門家は数多くいますが、司法書士に依頼すべき理由や業務の種類を挙げてみましょう。
相続手続き 相続発生前の遺言書の作成、家族信託や生前対策へのサポートから相続発生後まで幅広い対応を行っています。遺言書の確認や、相続人・相続財産の調査、相続放棄や遺産分割協議書の作成、相続財産の名義変更や金融機関の相続手続きまで、ノンストップで対応可能なのが強みです。
不動産登記 不動産の名義変更は司法書士の独占業務です。不動産贈与や売買の取引など不動産の実務を把握しているため、相続した財産に不動産がある場合は司法書士へ相談するのが最適です。
相続に関わる業務が多いことから、専門家との連携が強く、「相続した不動産を売却したい」場合には不動産業者、「相続税の申告」依頼があれば相続税に強い税理士を紹介してくれます。
相続人間でトラブルが発生した場合、司法書士がほとんどの手続きに対応しますが、弁護士を立てる必要があれば適した弁護士の紹介があり、トラブルを法的な解決に導きます。

FAQ一覧

PageTop