遺言書を作成しておきましょう|戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

遺言書を作成しておきましょう〜死後への配慮と相続対策〜

遺言書の作成は、「自前」でできる最大の相続対策です

 皆さんは「相続」と聞いて、何をイメージするでしょうか。ウチには大きな財産がないから関係ない、兄弟仲良いから揉めることはない、まだ先の話だから今は考えたくない などなど・・
 あるアンケートでは、相続に関し、相続をする側(子ども)には大変な関心があっても、相続させる側(親側)はあまり気にしていないというのが現状のようです。
 

民法の大原則 法定相続より遺言相続が優先されます

民法が規定する法定相続分(相続割合)は、遺言書を作成していなかった場合に適用されるいわば「任意規定」です。実は、この規定された相続分に特に意味はないといわれており、これまで大切にしてきた財産を、この意味のない法定相続分にゆだねてしまうのは、少し残念なことにさえ思えます。
もし、遺言書があれば、この規定は除外され、遺言書のとおりに財産を分配することができます
(※)。

(※)他の相続人の遺留分を侵害するような遺言は、その侵害する部分において効力を失うことがあります。

 

遺言書は元気なうちに作りましょう

 遺言書は、相続させる側が自らの判断で作成するものであって、遺言書に書かれた内容はその人の最後の意志表示になります。現実問題として、もらう側から遺言書の話を切り出すことは、なかなか難しいでしょう。また、作成は、元気なうちに準備をするべきものであって、認知症や突然の事故等で意思表示ができなくなってからでは、時遅しといったことになります。残念ながら、作成した遺言書について作成時の遺言者の意思能力の有無が裁判で争われるといった事例は、よくあります。  

 民法の規定では、遺言書は15歳から作成が可能です。みなさんが遺言書を作成するのに、時期が早いということはありません。  

遺言書の作成目的ならいくらでもあります

Check 残される妻に自宅を確保したい
Check 遺産のうち、不動産と会社の株は長男に相続させ管理してもらい、預貯金は、他の子供たちに公平に相続させたい
Check 子の一人が行方がわからず、将来、残った子たちが困らないように先に遺言で財産の分配方法を決めておきたい
Check 子がいないため、遺言で遺産を特定の人へ渡したい
gk

電話によるご相談

メールによるご相談

PageTop