相続事例/相続登記の必要性|戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

相続事例

相続登記こんなお悩みありませんか
(横浜市戸塚区・泉区・栄区 その他全国エリア対応可)

相続登記こんなお悩みありませんか
Check 被相続人が韓国籍だが、韓国の戸籍の取得方法がわからない
Check 相続人に未成年者がいる場合、どのようにすればいいのか
Check 相続を放棄したいけど、期限が迫っている
Check 海外にいる相続人の印鑑証明書が取得できない
Check 相続人の一部が行方不明で連絡がとれない
Check 主な遺産である自宅は全て妻に相続させたいが、他の相続人が納得してくれるのか不安だ
Check 自筆証書遺言による登記手続きに、他の相続人が協力してくれない。 など
※上記は、私が過去において実際に受任し、登記を完了させた事例の一部です。上記のような厄介な案件もどうぞご相談下さい。

相続登記の必要性

相続登記の手続きはお早めに

 相続登記の手続(相続人への名義変更登記)を無視しても大丈夫ですか、という相談をよく受けます。
 不動産に関しては、登記をすることによって、第三者に対し自分の権利を主張(対抗)することができます。法定相続人間での遺産分割協議による不動産の単独所有又は法定相続分を超える持分の取得、さらには遺言による取得の登記については、原則、その旨の登記としておかないと、第三者へ自分の権利を主張することはできません。
 また、相続で取得した不動産を第三者へ譲渡したり、担保権を設定してその登記を行う場合などは、前提として、相続登記をして名義を相続人名義へ変更しておく必要があります。
 また、亡くなった人の名義のままにしておくと、それを理由に無用の不動産トラブル(地面師詐欺など)に遭う可能性もあります。
ご注意ください。

相続登記のことなら、司法書士安西総合事務所へお任せください
(横浜市戸塚区・泉区・栄区 その他全国エリア対応可)

電話によるご相談

メールによるご相談

PageTop