戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。司法書士安西総合事務所から、家族信託ついてご紹介しております。

司法書士安西総合事務所

家族信託

家族信託とは、自身の財産を老後や介護等で管理できなくなったときに備えて、信頼できる家族に保有する預貯金や不動産などを託し、自身の財産の管理や処分を家族のだれかに任せることができる家族のための財産管理のことです。
家族信託には財産の管理や処分がスムーズに実行できる他にも、遺言書以上の幅広い遺産の継承ができるなどの多くのメリットがあります。また、身内に財産管理を任せることにより基本的には費用負担が少ないことも特徴的です。

家族信託

家族信託の主な登場人物は「委託者」「受託者」「受益者」の3人で、財産の所有者である委託者が、信頼できる家族の誰かを受託者として定めその者に財産の管理運用を任せ、受益者が信託財産から生じる収益を受け取る仕組みとなっています。財産の所有者である委託者が受益者となることも可能で、このパターンが多いのが現実です。
家族信託は、認知症高齢者の増加によって注目を集めましたが、任意後見制度利用の限界や、制度を利用することによる財産継承の安心感も、利用者を増やしている大きな要因となっています。

家族信託業務のご案内

家族信託の具体的な仕組み
大相続時代の4つの新常識
元気なうちに財産を家族信託
ライフステージに応じた高齢者支援のあり方
家族信託の事例を紹介
家族信託の御相談なら司法書士安西事務所へ
わかりやすい家族信託Q&A

PageTop