家族信託の事例を紹介|戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

よくある家族信託の事例をご紹介

認知症対策や死後の財産管理には、家族信託が活用できます

次のようなお悩みには、家族信託を有効活用してください








お悩み相談事例

f

チェック高齢者の自宅処分型信託(よくあるご相談)
将来、施設への入居が必要になったときは、自宅を売却あるいはリフォーム等して賃貸をし、入所費用を捻出する必要があるが、その時期はまだ未定といったご相談

→実際の手続の段階で、認知症等が進んでいて自宅の処分等が困難になるケースがあります。その対策として、あらかじめ家族信託を設定し、受託者が本人に代わって、適切なタイミングで自宅の処分等を行うことができます。


詳しくはこちら→  認知症による財産凍結を防ぐには New!
類似の事例はこちら→  高齢の親の財産を特定の親族から守りたい New!



チェック遺産連続承継型信託(よくあるご相談)
自分が亡くなったあと、自宅は今の妻(又はその他の同居人)に譲渡したいが、その者が亡くなったあとは、子ども(子がいないなら、兄弟や甥・姪など)に承継させたいといったご相談

→このような希望は、現行の相続遺言では対応できません。しかし、家族信託なら、このような特殊な遺産承継にも対応できます(信託をすることにより、現行の民法相続や遺言では実現できなかった、特殊な遺産の承継が可能となります。)。



詳しくはこちら→ 再婚や事実婚に伴う遺産承継の問題点 New!



チェック障害のある子のための福祉型信託
自分が亡くなったあとは、障害のある我が子のため、遺産を一括で渡すのでなく、継続的に給付できるような相続設計をしたい。そして、その子が亡くなったあとの財産の行き先についても決めておきたいといったご相談

→遺産があっても、それを相続人が適切に管理することが困難な状況なら、家族信託を設定し、信頼できる人からの定期給付等で対応することができます。また、もし、その人に相続人がいないなら、最終的にその財産は国へ行ってしまう可能性があるため、その場合の対策としても家族信託をご活用いただけます。



チェック代飛ばしで孫へ財産を承継
代飛ばしで未成年の孫に財産を承継させたいといったご相談

→孫がまだ未成年であるため、孫が成人になるまで(あるいは○○歳になるまで)は、財産を別の人に管理してもらい、指定した条件(期日)が到来したら、家族信託を終了して、財産を孫へ承継させることができます。



チェック共有不動産管理処分型信託
共有の不動産の管理や処分をどうにかしたい

→不動産を共有で持っていると、処分の際に共有者全員の同意が必要になります。また、共有者に相続が発生すると、権利関係がさらに複雑になり、管理・処分が一層難しくなる場合があります。家族信託を設定すれば、共有不動産の管理・処分を一人(あるいは、管理法人を設立してその法人)からできるようになります。


詳しくはこちら→ 共有不動産をどうにかしたい New!


〜家族信託と遺言、成年後見制度との比較〜

家族信託の特徴

家族信託

○家族全体の希望を反映させた確かな財産管理ができる.
○認知症になると家の売却や預貯金の解約が困難になるが、元気なうちに財産を信託しておけば、希望のとおりの財産管理ができる.
○信託契約の中で、死後の財産管理の方法や財産の承継人を指定することができる.

●認知症等になったあとは、利用できない.
●任せられる受託者がいない.
●契約の設定が複雑になることがある.
●予期せぬ税金の発生.

※ご注意)信託の設定は複雑でまた課税の有無を検討しなければならず、信託を利用する場合は、必ず専門家へご相談ください。
遺言の特徴

遺言

○本人だけで自由に内容を決定できる.
○いつでも撤回できる.

●生前には内容が判明しないため、このことが相続争いの原因になることがよくある.
●生前の財産管理の対策にならない.

○につきメリット
●につき注意点
成年後見制度の特徴

成年後見制度

○能力が低減したあとに利用できる制度

●財産を家族のために使うことが困難
●財産の管理方針等に関し、職業後見人と家族との意見の不一致.
●職業後見人への年間報酬(20万から50万程度)が、原則、本人が死亡するまで続く.



電話によるご相談

メールによるご相談

PageTop