戸塚の名義変更ならお任せ下さい。

司法書士安西総合事務所

zoomによる司法書士相談サービス

お問合せはこちら

司法書士業務メモ

戸塚の名義変更【ポイントとFAQ】

戸塚区、泉区、栄区で不動産の名義変更が必要な方は、司法書士安西綜合事務所をご利用ください。
当所では司法書士業務と土地家屋調査士業務を兼業していることから、不動産登記に関する業務をトータル的にサポートできる強みを持っています。
若い力を活かして、不動産の名義変更にも、フットワーク良く迅速に対応させていただきます。
不動産を購入すると、不動産の名義変更手続きを行う必要があります。

不動産名義変更 戸塚 泉 栄

それには通常買主と売主双方の協力が必要となり、住宅ローンを利用する場合は、銀行など金融機関の抵当権設定登記も必要になります。
その他にも、場面によって様々な手続きが必要となり、登記実務に精通した経験豊富な司法書士に任せることで、不安なすべての手続きを完璧に終えることができます。
不動産の売買以外にも、相続により不動産を取得した場合や、不動産をご家族に生前贈与する場合も、不動産の名義変更が必要となり、すべての状況に当所では対応させていただきます。
不動産のことでお悩みのことがあれば、ご相談だけでも遠慮なく当所までご連絡ください。
もちろん相談には無料で対応させていただきます。

01不動産名義変更とは

不動産名義変更というのは、土地や建物などの不動産の所有者が誰かに移行したときに、登記簿の名義を変更する手続きのことを指しています。
不動産の登記業務は法務局で取り扱っているため、法務局で登記申請を行います。法務局に出向けば、登記簿を確認することができて、そこには土地や家やマンションなどの不動産の名義に関する情報が記載されていて、一般公開されているので誰でも情報を得ることができます。
不動産の名義変更は、不動産の売買が行われた場合や、親などが他界して所有者が変わる場合に行われます。他人に名義が移れば当然名義変更が行われますが、身内が亡くなって遺産を相続する場合は、名義変更が行われない場合も多く、それ自体は義務ではありません。時間的な制限もなければ、名義を変更しなかったことで法的なペナルティーを課されることもありません。
ただし、名義変更を行わないままで対象の不動産を売却することはできませんし、家を建て替える場合なども、名義変更をしないと銀行などからお金を借りられないため注意が必要です。
さらに名義変更をしないまま不動産を相続した方が亡くなると、相続手続きが面倒になって不動産の処分をスムーズにできなくなるため、できるだけ早めの対応が推奨されています。

02初めての不動産名義変更で相続人が知っておくべきこと

親などが亡くなり、実家や故人が所有していた土地などの不動産を相続することになった場合に必要になるのが不動産の名義変更です。
相続税がかかる場合は、定められた期限までにきちんと手続きを行い、しっかり税金を納めなくてはいけません。
しかし、相続した不動産をそのままの状態にしておく場合は、名義人が亡くなっても相続人がすぐに名義変更をしなければいけないというルールはありませんし、それをする義務もありません。
不動産の名義をずっと故人のまましておいても罰則もないわけですが、不動産を売却する場合は名義を変更しないと取引を行うことができません。

初めての不動産名義変更で相続人が知っておくべきこと

さらに、故人名義のままにしている不動産を担保にして銀行などからお金を借りることもできませんし、相続した実家などをリフォームするときも、不動産を賃貸に出すときにも、名義変更が必要になる場合が多いのが現実です。
また、故人の名義にしていた不動産を相続した人が亡くなった場合は、その後の相続手続きが複雑になり、相続人が複数いる場合などは、スムーズに手続きができなくなることも多いです。そのため、義務も罰則もないとしても不動産の名義変更は早めに行うことをおすすめします。

03不動産の名義変更に関わることで良くある3つのお悩み

1.不動産名義変更は専門家と面談しなくてもできる?
遠方に住んでいたり、忙しかったりして司法書士と面談できなくても、不動産の名義変更を行うことは可能です。
ただし、不動産を売却する場合は直接面談しなくてはいけなくて、名義変更する場合も事前の本人確認は必要となります。

2.不動産名義変更で税金は発生する?
不動産の名義変更をするときに発生する税金に登録免許税があります。これは、相続、生前贈与、売買、離婚による財産分与の全てにおいて発生します。
その他に、多くのケースで発生するのが不動産取得税です。ただし、相続の場合は発生しなくて、生前贈与、売買、離婚による財産分与の際にかかります。
他にも贈与税、相続税、所得税、住民税などがかかる場合があります。

3.相続による名義変更の期限は?
相続による不動産名義変更の期限は決まっていません。長く放置していても罰則もありません。
だだし、売却するときや相続した取に家を建てるときなどは名義変更が必要となり、不動産を所有している者が亡くなると、遺産分割協議がまとまらなくなるなどのデメリットが生じてしまうので、早めに手続きすることをおすすめします。

04不動産名義変更の種類を紹介

不動産名義変更 戸塚 泉 栄

不動産の名義変更が必要になる場面と聞くと、相続が発生したときを思い浮かべる方が多いと思いますが、それ以外にも名義変更をする場面はたくさん存在しています。
そもそも登記制度があるのは、不動産の権利関係や権利変動がどのような経緯を経て現状の所有者になったということを、所有者以外の第三者に知らせるためのものです。もしも登記原因を無制限に認めてしまったら、所有者本人は権利関係などを把握できても、第三者からは正確な内容が分からなくなってしまいます。
不動産登記には、登記のプロである司法書士ですらほぼ取り扱わないものもあり、ざっと不動産登記の原因を挙げても「売買」「贈与」「遺贈」「交換」「共有物分割」「和解」「時効取得」「解除」「会社分割」「現物出資」「信託」「相続」「遺産分割」「買戻し」「持分放棄」などがあり、その他にも登記原因がまだまだ数多く存在します。
しかし、主に不動産名義変更が行われるのは「相続」「売買」「贈与」「財産分与」の4つで、一般の方が他の原因で名義変更を行うことはあまりないのが現実です。

05戸塚区・泉区・栄区を中心に不動産名義変更に対応

神奈川県横浜市戸塚区に事務所を構え、不動産名義変更などに対応している司法書士事務所です。
横浜市栄区は、横浜市を構成する18行政区の一つで、2021年現在で約12万人の人がこの街で暮らしています。
横浜市の南部に位置し、東には金沢区、磯子区が、西には戸塚区が、南に鎌倉市が、北は港南区があります。
区の中央には㹨川が東西に流れ、西側を柏尾川が南北に流れ低地を形成しています。東側と南側を三浦半島に連なる丘陵地がとり囲んでいて、柏尾川西岸を中心とした低地には工場や団地が多くあります。
栄区は緑が多い街として知られていて、大都会横浜でも自然を楽しめる地として子育て世帯にも人気があり、街を歩けば子ども連れの家族を良く目にします。
鎌倉へのアクセスが良いことも栄区の特徴ですが、その他の人気観光スポットへのアクセスも良く、栄区自体にも歴史的な名所や史跡が多く残されています。そのため、街を散策していると歴史を感じられる建物を頻繁に目にすることができます。
買い物をするのにも便利な地域で、大船駅からは江ノ島に向かう湘南モノレールが走っていて、湘南の海へのアクセスが良いことも特徴となっています。

FAQ一覧

PageTop