戸塚の名義変更ならお任せ下さい。

司法書士安西総合事務所

zoomによる司法書士相談サービス

お問合せはこちら

司法書士業務メモ

戸塚の名義変更【ポイントとFAQ】

戸塚区、泉区、栄区で不動産の名義変更が必要な方は、司法書士安西綜合事務所をご利用ください。
当所では司法書士業務と土地家屋調査士業務を兼業していることから、不動産登記に関する業務をトータル的にサポートできる強みを持っています。
若い力を活かして、不動産の名義変更にも、フットワーク良く迅速に対応させていただきます。
不動産を購入すると、不動産の名義変更手続きを行う必要があります。

不動産名義変更 戸塚 泉 栄

それには通常買主と売主双方の協力が必要となり、住宅ローンを利用する場合は、銀行など金融機関の抵当権設定登記も必要になります。
その他にも、場面によって様々な手続きが必要となり、登記実務に精通した経験豊富な司法書士に任せることで、不安なすべての手続きを完璧に終えることができます。
不動産の売買以外にも、相続により不動産を取得した場合や、不動産をご家族に生前贈与する場合も、不動産の名義変更が必要となり、すべての状況に当所では対応させていただきます。
不動産のことでお悩みのことがあれば、ご相談だけでも遠慮なく当所までご連絡ください。
もちろん相談には無料で対応させていただきます。

01不動産名義変更とは

不動産名義変更というのは、土地や建物などの不動産の所有者が誰かに移行したときに、登記簿の名義を変更する手続きのことを指しています。
不動産の登記業務は法務局で取り扱っているため、法務局で登記申請を行います。法務局に出向けば、登記簿を確認することができて、そこには土地や家やマンションなどの不動産の名義に関する情報が記載されていて、一般公開されているので誰でも情報を得ることができます。
不動産の名義変更は、不動産の売買が行われた場合や、親などが他界して所有者が変わる場合に行われます。他人に名義が移れば当然名義変更が行われますが、身内が亡くなって遺産を相続する場合は、名義変更が行われない場合も多く、それ自体は義務ではありません。時間的な制限もなければ、名義を変更しなかったことで法的なペナルティーを課されることもありません。
ただし、名義変更を行わないままで対象の不動産を売却することはできませんし、家を建て替える場合なども、名義変更をしないと銀行などからお金を借りられないため注意が必要です。
さらに名義変更をしないまま不動産を相続した方が亡くなると、相続手続きが面倒になって不動産の処分をスムーズにできなくなるため、できるだけ早めの対応が推奨されています。

02初めての不動産名義変更で相続人が知っておくべきこと

親などが亡くなり、実家や故人が所有していた土地などの不動産を相続することになった場合に必要になるのが不動産の名義変更です。
相続税がかかる場合は、定められた期限までにきちんと手続きを行い、しっかり税金を納めなくてはいけません。
しかし、相続した不動産をそのままの状態にしておく場合は、名義人が亡くなっても相続人がすぐに名義変更をしなければいけないというルールはありませんし、それをする義務もありません。
不動産の名義をずっと故人のまましておいても罰則もないわけですが、不動産を売却する場合は名義を変更しないと取引を行うことができません。

初めての不動産名義変更で相続人が知っておくべきこと

さらに、故人名義のままにしている不動産を担保にして銀行などからお金を借りることもできませんし、相続した実家などをリフォームするときも、不動産を賃貸に出すときにも、名義変更が必要になる場合が多いのが現実です。
また、故人の名義にしていた不動産を相続した人が亡くなった場合は、その後の相続手続きが複雑になり、相続人が複数いる場合などは、スムーズに手続きができなくなることも多いです。そのため、義務も罰則もないとしても不動産の名義変更は早めに行うことをおすすめします。

FAQ一覧

PageTop