戸塚の相続手続きならお任せ下さい。

司法書士安西総合事務所

戸塚の相続手続き【ポイントとFAQ】

戸塚区、泉区、栄区の相続手続きは、司法書士安西綜合事務所にお任せください。
当所では、相続、遺言に関するすべての業務に対応しており、数多くの実務を経験している実績があります。
相続手続きはご自分で行うことも可能ですが、戸籍・除籍・改正原戸籍などを取り寄せ、それに基づいた相続人の確定作業、遺産分割協議書の作成、銀行への預貯金の払い戻し手続き、相続登記など、場合によっても必要な作業の量は異なりますが、普段これらに携わっていない素人が、完璧に手続きを遂行することが、かなり困難であることが分かっていただけると思います。

相続手続き 戸塚 泉 栄

遺言書が残されていた場合は、それに沿って手続きを進めていく必要があり、相続手続きには法律的な知識も必要になります。
当所では、相続手続き以外にも、遺言書の作成を検討されている方のお手伝いもさせていただいております。
その他相続や登記に関する手続きでお困りでしたら、まずはお気軽にご相談ください。
普段馴染みのない手続きを行わなければいけないことを、これから実行に移すことに不安を感じている方も多いと思います。
相談だけなら無料で対応させていただきます。

01相続手続きとは

相続手続きと一口で言ってもその種類は豊富で、決められた期間の間に手続きを行わなければトラブルが発生してしまうこともあります。とくに遺産相続が発生する場合で、相続税がかかる場合は、忘れずに期限内に手続きを終えなくてはいけません。
家族が亡くなると、死亡から7日以内に死亡届を提出しなくてはいけません。その後葬儀が行われますが、それらも相続手続きの一つです。
ただし、これらの一連の手続きは葬儀社が代行してくれるので、それほどナーバスになる必要はありません。
死亡してから14日以内には「健康保険の資格喪失届の提出」「世帯主変更届の提出」「介護保険の資格喪失届の提出」「生命保険金の受け取り」「金融機関への連絡」「公共料金や各種サービスの変更と解約」、3ヶ月以内には「遺言書の確認」「遺言書の検認」「相続人の調査」「相続人の調査」「遺産分割協議の開始」「相続放棄、限定承認」、4ヶ月以内には「所得税の準確定申告」、10ヶ月以内には「遺産分割協議書の作成」「各種の相続手続き」「相続税申告と納付手続き」、1年以内には「遺留分減殺請求の手続き」、2年以内には「葬祭費、埋葬料の申請手続き」、3年以内には「税務調査への対応」、3年10ヶ月以内には、「相続税軽減の手続き」、5年10ヶ月以内には「相続税の還付請求の手続き」などとやるべきことはたくさんあります。
ただし、これら全部を行わなければいけないケースは多くはないですし、司法書士などの専門家に依頼すれば、ほとんどの手続きを代行してもらうことができます。

02初めての相続手続きで忘れてはいけないこととは

親族が亡くなり初めて相続手続きを行わなければいけなったときには、ほとんど方は何から手をつけていいか分からないのが現実です。
一口で相続手続きと言っても、死亡届からはじまり、死体火(埋)葬許可申請書、世帯主変更届と、遺産相続に関する手続き以外にも、しなくてはいけないことはたくさんあって、それを全て把握している方はほぼいないと思います。
これらの手続きには期限が定められているものも多いわけですが、相続税が発生しないような場合は、実は当事者がなくもしなくても葬儀社などの周りの人たちに代行してもらえるため、それほどナーバスになる必要はありません。
それに、相続手続きをしないで放置しておいても、遺産が減少したり国に没収されたりすることもありません。期限が定められている手続きも、期限が過ぎても手続きすることは可能です。

初めての相続手続きで忘れてはいけないこととは

とは言え、いつまでも放置しておくと預金が凍結されてお金を引き出せなくなってしまうことや、不動産の売買や銀行との取引に支障をきたしてしまうこともあるため、司法書士などの専門家に相談して、しかるべきタイミングで相続手続きをすることをおすすめします。

03相続手続きに関する良くある3つのお悩み

1.親族間でトラブルになって相続手続きが進めない
相続はお金が絡むことであるため、トラブルが起きて相続手続きが進まないということも少なくありません。
それを防ぐためには、親などが亡くなって相続手続きが必要になるときには、どんなトラブルが起こりうるかを事前に理解し、対応策を考えておくことが必要になります。
相続手続きが上手く進まなくても何とかなりますが、相続間でトラブルが起きると、取り返しのつかないことになるケースもあります。

2.不動産を分割できない
遺産分割が必要になる場合、現金だと均等に分割できますが、不動産だと評価が難しく簡単に分割できないため、トラブルになりやすいです。
すぐに売却できればいいですが、自宅などにそのまま誰かが住み続ける場合は、不平等になりがちなので、そのようなときには司法書士などの専門家に早めに相談することをおすすめします。

3.兄弟間で遺産分割の割合で揉める
兄弟で遺産を分割する場合は、法律上平等となっています。
ただし、被相続人との生前の関係性によって、兄弟それぞれが主張することもあり、話し合いがまとまらないケースも少なくありません。
話し合いがまとまらない場合は調停や裁判をすることになりますが、基本的には法定相続分に則り相続が行われることになります。

04相続手続きを大別すると5種類の手続きがある

相続手続き 戸塚 泉 栄

相続手続きには細かく分けると100以上やるべきことがありますが、それぞれの分野ごとに大別すると「基本手続き」「やめる手続き」「もらう手続き」「引き継ぐ手続き」「法律上の手続き」の5種類となります。
特に基本手続きにおいては期限が定められているものが多いので、注意しなくてはいけません。たとえば、死亡届と死体火(埋)葬許可申請書は7日以内、世帯主変更届は14日以内などと定められています。
もらう手続きには、生命保険、団体弔慰金、死亡退職金、葬祭料などいろいろな手続きがありますが、保険金など手続きを行わないとかなりの大金を受け取ることができなくなってしまうことになるので、生前相続についての話し合いをきちんとしていなかった場合は契約書類などがないか再確認してみましょう。
引き継ぐ手続きとしては、借地や住宅や自動車や株券などが主なものですが、亡くなった方に負債がある場合は注意が必要です。
やめる手続きとしては、クレジットカード、携帯電話、運転免許証などの証明書や会員証などがあり、手続きをしなければ引き続き請求書が届くものなどもあります。
法律上の手続きは、相続人の確定や相続税申告など、その名の通りに法律上必要な各種の手続きで、いずれの場合も不安がある場合は専門家に相談することをおすすめします。

FAQ一覧

PageTop