戸塚の相続手続きならお任せ下さい。

司法書士安西総合事務所

戸塚の相続手続き【ポイントとFAQ】

戸塚区、泉区、栄区の相続手続きは、司法書士安西綜合事務所にお任せください。
当所では、相続、遺言に関するすべての業務に対応しており、数多くの実務を経験している実績があります。
相続手続きはご自分で行うことも可能ですが、戸籍・除籍・改正原戸籍などを取り寄せ、それに基づいた相続人の確定作業、遺産分割協議書の作成、銀行への預貯金の払い戻し手続き、相続登記など、場合によっても必要な作業の量は異なりますが、普段これらに携わっていない素人が、完璧に手続きを遂行することが、かなり困難であることが分かっていただけると思います。

相続手続き 戸塚 泉 栄

遺言書が残されていた場合は、それに沿って手続きを進めていく必要があり、相続手続きには法律的な知識も必要になります。
当所では、相続手続き以外にも、遺言書の作成を検討されている方のお手伝いもさせていただいております。
その他相続や登記に関する手続きでお困りでしたら、まずはお気軽にご相談ください。
普段馴染みのない手続きを行わなければいけないことを、これから実行に移すことに不安を感じている方も多いと思います。
相談だけなら無料で対応させていただきます。

01相続手続きとは

相続手続きと一口で言ってもその種類は豊富で、決められた期間の間に手続きを行わなければトラブルが発生してしまうこともあります。とくに遺産相続が発生する場合で、相続税がかかる場合は、忘れずに期限内に手続きを終えなくてはいけません。
家族が亡くなると、死亡から7日以内に死亡届を提出しなくてはいけません。その後葬儀が行われますが、それらも相続手続きの一つです。
ただし、これらの一連の手続きは葬儀社が代行してくれるので、それほどナーバスになる必要はありません。
死亡してから14日以内には「健康保険の資格喪失届の提出」「世帯主変更届の提出」「介護保険の資格喪失届の提出」「生命保険金の受け取り」「金融機関への連絡」「公共料金や各種サービスの変更と解約」、3ヶ月以内には「遺言書の確認」「遺言書の検認」「相続人の調査」「相続人の調査」「遺産分割協議の開始」「相続放棄、限定承認」、4ヶ月以内には「所得税の準確定申告」、10ヶ月以内には「遺産分割協議書の作成」「各種の相続手続き」「相続税申告と納付手続き」、1年以内には「遺留分減殺請求の手続き」、2年以内には「葬祭費、埋葬料の申請手続き」、3年以内には「税務調査への対応」、3年10ヶ月以内には、「相続税軽減の手続き」、5年10ヶ月以内には「相続税の還付請求の手続き」などとやるべきことはたくさんあります。
ただし、これら全部を行わなければいけないケースは多くはないですし、司法書士などの専門家に依頼すれば、ほとんどの手続きを代行してもらうことができます。

02初めての相続手続きで忘れてはいけないこととは

親族が亡くなり初めて相続手続きを行わなければいけなったときには、ほとんど方は何から手をつけていいか分からないのが現実です。
一口で相続手続きと言っても、死亡届からはじまり、死体火(埋)葬許可申請書、世帯主変更届と、遺産相続に関する手続き以外にも、しなくてはいけないことはたくさんあって、それを全て把握している方はほぼいないと思います。
これらの手続きには期限が定められているものも多いわけですが、相続税が発生しないような場合は、実は当事者がなくもしなくても葬儀社などの周りの人たちに代行してもらえるため、それほどナーバスになる必要はありません。
それに、相続手続きをしないで放置しておいても、遺産が減少したり国に没収されたりすることもありません。期限が定められている手続きも、期限が過ぎても手続きすることは可能です。

初めての相続手続きで忘れてはいけないこととは

とは言え、いつまでも放置しておくと預金が凍結されてお金を引き出せなくなってしまうことや、不動産の売買や銀行との取引に支障をきたしてしまうこともあるため、司法書士などの専門家に相談して、しかるべきタイミングで相続手続きをすることをおすすめします。

03相続手続きに関する良くある3つのお悩み

1.親族間でトラブルになって相続手続きが進めない
相続はお金が絡むことであるため、トラブルが起きて相続手続きが進まないということも少なくありません。
それを防ぐためには、親などが亡くなって相続手続きが必要になるときには、どんなトラブルが起こりうるかを事前に理解し、対応策を考えておくことが必要になります。
相続手続きが上手く進まなくても何とかなりますが、相続間でトラブルが起きると、取り返しのつかないことになるケースもあります。

2.不動産を分割できない
遺産分割が必要になる場合、現金だと均等に分割できますが、不動産だと評価が難しく簡単に分割できないため、トラブルになりやすいです。
すぐに売却できればいいですが、自宅などにそのまま誰かが住み続ける場合は、不平等になりがちなので、そのようなときには司法書士などの専門家に早めに相談することをおすすめします。

3.兄弟間で遺産分割の割合で揉める
兄弟で遺産を分割する場合は、法律上平等となっています。
ただし、被相続人との生前の関係性によって、兄弟それぞれが主張することもあり、話し合いがまとまらないケースも少なくありません。
話し合いがまとまらない場合は調停や裁判をすることになりますが、基本的には法定相続分に則り相続が行われることになります。

04相続手続きを大別すると5種類の手続きがある

相続手続き 戸塚 泉 栄

相続手続きには細かく分けると100以上やるべきことがありますが、それぞれの分野ごとに大別すると「基本手続き」「やめる手続き」「もらう手続き」「引き継ぐ手続き」「法律上の手続き」の5種類となります。
特に基本手続きにおいては期限が定められているものが多いので、注意しなくてはいけません。たとえば、死亡届と死体火(埋)葬許可申請書は7日以内、世帯主変更届は14日以内などと定められています。
もらう手続きには、生命保険、団体弔慰金、死亡退職金、葬祭料などいろいろな手続きがありますが、保険金など手続きを行わないとかなりの大金を受け取ることができなくなってしまうことになるので、生前相続についての話し合いをきちんとしていなかった場合は契約書類などがないか再確認してみましょう。
引き継ぐ手続きとしては、借地や住宅や自動車や株券などが主なものですが、亡くなった方に負債がある場合は注意が必要です。
やめる手続きとしては、クレジットカード、携帯電話、運転免許証などの証明書や会員証などがあり、手続きをしなければ引き続き請求書が届くものなどもあります。
法律上の手続きは、相続人の確定や相続税申告など、その名の通りに法律上必要な各種の手続きで、いずれの場合も不安がある場合は専門家に相談することをおすすめします。

05横浜市戸塚区を中心に相続手続きのお手伝い

横浜市戸塚区にある司法書士事務所で、相続手続きにもしっかり対応いたします。
戸塚区は横浜18行政区の一つで、2021年時点で人口約28万4千人を擁する東京のベットタウンです。
JR横浜駅とJR大船駅のちょうど中間くらいに位置しており、面積は横浜市18区内では最大を誇っています。中央部を柏尾川、東海道線、国道1号が縦断していて、谷戸や沢の地形が多いことが特徴です。
戸塚区は高度経済成長以降に造成が進んで、現在は住宅地として開発されています。また、2007年からは本格的な再開発が進み、大型商業施設や交通広場や戸塚区役所の新庁舎などが完成し、街並みは近代的な風貌に変化し、今後もどんどん生まれ変わろうとしています。
東京のベットタウンということもあり、戸塚区はとても住みやすいエリアです。多くの路線が区内を走っていて、東京以外へのアクセスも良く、子ども支援も充実しているため、子育て世代にはおすすめのエリアとなっています。
その分不動産の物件価格は上昇傾向にあって、都心とまではいきませんがマンションなどの家賃も最近は値上がりしています。しかし、商業施設の充実度など生活しやすい環境が整っていることを考えると、横浜市内でもかなり魅力的な街と言えるでしょう。

06不動産の相続手続きにはどのくらいの費用が必要?

実は、相続手続きという名前は法律には出てきませんが、一般的には故人の財産を自分のものとして使用するための手続きことを指します。
相続する遺産にもさまざまなものがありますが、その中でも不動産は特に値の張る財産となるケースが多く、不動産に関する相続手続きは一般的には名義変更することで、具体的には所有権移転登記を行います。遺産相続の中で良くある不動産は自宅で、登記をしなければ所有権を主張することができません。

不動産の相続手続きにはどのくらいの費用が必要?

引き続き自分で自宅に住む場合はすぐに手続きをする必要はありませんが、自分では使用しないからということで住まいを売りたい場合は、不動産の所有権移転登記をしないと売却することができません。
また、相続人を明確に決めないまま時間が経過して登記をしないままにしておくと、権利者がどんどん増えて実際に何重人にもなってしまったというケースも少なくありません。不動産は共有者全員の合意がなければ売却ができないため、早めに相続人を決めて手続きを済ませておくことをおすすめします。
不動産の登記は司法書士に依頼するのが一般的で、報酬の目安は6万円〜となっています。相続の所有権移転には登録免許税も必要で、税率は不動産の種類や目的によって異なります。

07相続手続きをする際に注意しておいた方が良い3つのポイント

01トラブルを避けるために事前に準備をしておこう

遺産相続では、家族でさえも個人的な感情のぶつかり合いになって大きなトラブルが起きることもあるため、事前の準備が大事になります。
相続手続きを行う前にきちんと相続の仕方が決まっていれば、そのときになって争いごとが起きる可能性は極めて低くなります。
また、万一トラブルになった場合の対処法も事前に想定しておけば、冷静な判断ができると思います。

02相続手続きは弁護士などに依頼する

相続でトラブルが起きることが想定される場合は、弁護士などの専門家に手続きを依頼することをおすすめします。
弁護士に依頼する場合は、遺産相続手続きを普段から専門に取り扱いしている事務所の方がトラブルの処理にも慣れているので、くれぐれも依頼先は適当に選ばないように注意しましょう。弁護士ならどんなことにも対応してもらえます。

03手続きには期限があるので注意しよう

相続に関する手続きにはいろいろなものがありますが、その中には期限が設けられているものもあるので注意しなくてはいけません。
たとえば、相続放棄や限定承認は相続の開始を知った日から3ヶ月以内に行う必要があります。
相続手続きに関する期限についてはインターネットでも調べることができますが、やはり不安な場合な弁護士などの専門家に尋ねることをおすすめします。

08相続手続きを任せられる業者を選ぶポイントとは

相続手続きにもいろいろな種類があるため、それによって依頼先も異なります。相続手続きの主な依頼先としては、司法書士、行政書士、信託銀行が挙げられます。
司法書士には法務手続きや不動産の名義変更などの登記手続きを依頼します。その他にも遺産分割協議書などの相続に必要となる書類の作成もサポートしてもらうことが可能です。
行政書士にも、遺産分割協議書の作成や現預金の相続手続きなどを任せることができます。費用は司法書士に依頼するのと同じ、もしくは安めになっていますが、遺産に不動産が含まれている場合は不動産の名義変更は結局司法書士に依頼することになるので、その点は覚えておきましょう。
信託銀行も相続に関わるサポートを行っています。ただし、信託銀行に相談しても、実際には司法書士や行政書士に外注して費用が高くなってしまうことが多いので、実務を依頼する場合で信託銀行との取引がないのであればわざわざ選ぶ必要はないと言えます。
法に関する手続きなら、弁護士がオールマイティに対応できますが、相続手続きなら司法書士がほとんどに対応可能なので、複雑な手続きや手続きが多い場合は司法書士を選択すると良いと思います。

09手続きのタイミングに関することでよくある相談

手続きのタイミングに関することでよくある相談

相続手続きのタイミングはいつが良いのかという相談をよくいただきますが、相続手続きはできるだけ早めに行うことをおすすめします。また、相続に関する相談を始めるのも、早い方が良いと言えます。
相続の相談には2つの種類があって、1つは生前の相続対策のための相談です。生前にしっかり対策した方が、お亡くなりになる方も残される家族にとっても、問題が少なく済む可能性が高いのでおすすめです。
2つ目はお亡くなりになったあとの相談で、前にも書きましたが、その際に必要になるさまざまな相続手続きはなるべく早めに行った方が良いと言えます。
相続の相談をするタイミングとしては、49日の法要までに行うのがベストとされています。また、相続手続きには法律などで期限が決められているものも多く、たとえば、死亡届の提出期間は亡くなった後7日以内、年金に関する手続きは亡くなって10日以内となっています。
法律などで期限が定められていない手続きに関しても、一概には言えませんが、遅くとも3ヶ月以内には調査などをスタートした方が良いとされています。遅くなればなるほど問題が複雑化して、遺族同士でトラブルが起きる可能性も高くなります。

FAQ一覧

PageTop