横浜の司法書士ブログ | 戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

ブログ

相続手続きとは

家族を突然亡くすと、心構えや準備をしていても、死についてゆっくり考えていられないほどやらなければいけないことに追われることになります。
私は父を脳出血で失い、それも出張中で遠く離れた場所で倒れたことから、遺体を地元に搬送するだけでもかなりの時間を費やし、そこから喪主として葬儀の用意をはじめて、その後もいろいろな手続きに追われて、しばらくは仕事もできない状態が続きました。
相続手続きとは、遺産を受け継ぐ権利がある相続人が、それを受け継ぐために必要な手続きのことで、遺言書を残している場合は、それに従い相続を行うことになります。
しかし、遺言書がなかったり、それが法的に無効であった場合は、相続人全員で話し合いをして、遺産の分割方法を決めなければいけません。
話し合いがまとまれば、遺産分割協議書という書類を作成して、不動産や預貯金などの相続手続きの際に提出します。
もちろん相続人が1人しかいない場合は、書類を作成する必要はありません。
この時に問題になるのは、相続税がかかるかどうかで、相続する財産にどのくらいの価値があるのかを調べなければいけません。
遺産の中でも、不動産、株式、金融商品、預貯金は、早めに調査をすることをおすすめします。
被相続人が亡くなったことを銀行に連絡すると、預金口座は凍結されて、引き落としができなくなってしまいます。
相続時に気をつけなければいけないのが借金で、相続をする場合は被相続人の借金も引き受けなければいけません。
そのため財産よりも借金が多い場合は、相続放棄を行うことで、借金を被る必要はなくなりますが、そうすると当然全ての遺産を受け取る権利を失うことになります。
相続税が発生しない場合は、相続手続きを行う必要はありませんが、司法書士に相談することで、相続税の有無も遺産の調査も、不動産登記も代行してもらえるので、まずは無料で相談できる司法書士事務所を探してみましょう。

相続手続きが必要だと言われて司法書士事務所を


自宅を相続するだけなので、とくに何も手続きは必要ないと思っていましたが、叔父から相続税が掛かることを指摘されて、相続手続きをしてもらえる戸塚区の司法書士事務所を紹介してもらいました。
結局叔父の勘違いで、税金を納める必要がないことが分かりましたが、相続登記が必要であることを司法書士の先生から指摘されて、相続についていろいろ学ぶことができて、とても良い勉強になりました。


PageTop