横浜の司法書士ブログ | 戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

ブログ

泉区の家の不動産の名義変更をしないままにしていましたが

不動産を購入した時には、もちろん名義変更の手続きを行わなければいけないことは知っていましたが、3年前に主人が亡くなり、そのまま泉区の家に住み続けて、相続税の支払い義務もないと子供が調べて教えてくれたので、特に何もすることはないと思って今まで放置してきました。
まだ60代だし、これまで健康診断でも悪いところが見つかったこともなく、健康だけには自信がありましたが、昨年突然胸が苦しくなって久しぶりに病院で診てもらうと、心臓に疾患があることが分かり、カテーテルの手術を受けるために入院して、それから子供たちも心配して、頻繁に家に来てくれるようになりました。
先日はたまたま昼寝をしていて、携帯電話に着信があったことも分からなくて1日放置しただけで、翌朝心配した長男の嫁が訪れて、何事かと思いました。
事情を話すと理解してすぐに帰っていきましたが、その後で長男が家に来て、やはり私のことが心配だから家を建て直して一緒に住むと言い出して、最初は冗談かと思いましたが、ありがたいことだし、長男に任せることにすると、どんどん話が進んでいきました。
施工業者も決まり家を建てることになりましたが、長男が家の建築費用を借入することになり、銀行から家の名義が主人のままになっていることを指摘されて、この機会に家の名義を長男にしようと思い、この度司法書士事務所のお世話になりました。
自宅を長男名義にすることは他の兄弟たちも納得してくれて、特にこれには問題ないと思っていましたが、そうなると生前贈与ということになり税金が発生するのでは?という疑問が出て、安西綜合事務所にはその問題も含めて税金が掛からないように対策してもらえて、先日無事家が完成しました。

不動産の名義変更をスムーズにしてもらえて


夫と離婚することになり、子供の親権は私が持つことになりました。
家の住宅ローンはまだ残っていましたが、それは引き続き主人に支払ってもらえることになり、その代わり養育費や慰謝料はなしということで話がまとまりました。
離婚に合わせて不動産の名義変更をすることにして、ここはデリケートな問題なので、私が司法書士の先生を選ぶことにして、戸塚区内で今後も信頼できる先生を探してここを選びました。
突然のお願いでご迷惑をお掛けしましたが、迅速に対応していただけてどうもありがとうございました。


PageTop