横浜の司法書士ブログ | 戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

ブログ

2018年11月22日 [家族信託 戸塚 泉 栄]

家族信託というものを知りませんでしたが

自分たちが産んで育てた子供なので、本来は信用しなければいけないのでしょうが、子供が5人で兄弟間の仲があまり良くないとなると、なかなか理屈通りにはいかなくて、私も来年で70歳になるし、妻にはこれまでも家のお金や私が所有する財産については詳しく教えたことがなく、妻は今風に言えば完全な天然で、私に何かあっても物事を冷静に判断できないことは分かっていたので、この度家族信託を実行することにしました。
最初は遺言書を作成しようと、戸塚区でそれを頼める法律事務所を探していて、友人から紹介してもらいました。
先生と面会すると、明らかに私よりもかなり歳下で、はじめは大丈夫?と思いましたが、話しをしているうちに法律にも詳しいし、頼りになり経験も豊富な司法書士の先生であることはすぐに分かったので、安心して自分が思っていたことを全部は伝えることができました。
最近物忘れも酷くなっていて、認知症の心配をしていることを伝えて、自分で調べた成年後見人制度についても考えていることを伝えると、そこで家族信託という制度があることを教えてもらって、これなら遺言書に代わる相続対策にもなるし、認知症対策にもなることが分かり、迷うことなく手続きを進めてもらうことにしました。
問題は受託者選びということでしたが、ここは兄弟の中で最も頭が良くて絶対に曲がったことはしない長女を選任することにして、その理由を先生に伝えると、受託者として適任と言ってもらえたので安心しました。
家族信託をすることを家族にどう伝えるかが心配でしたが、まずは長女に伝えると、実は言いにくいことだからこれまで私には伝えられなかったけれども、兄弟間でその話が数年前から出ていたみたいで、それを伝える役目も長女が担っていたことが分かり、スムーズに手続きを進めることができて本当に良かったです。
これからも安西先生とは良いお付き合いをさせていただきたいと思っているので、どうぞよろしくお願いいたします。

安西先生から家族信託のことを聞いて


主人が70歳を過ぎて、何度か子供たちのためにも遺言書を作成しておくことを勧めましたが、なかなか言うことを聞いてくれないので、司法書士事務所を探して相談に行きました。
いろいろ相談していると、家族信託という制度があることが分かり、そのことを主人に伝えると興味を持ってくれて、安西先生には感謝しています。


PageTop