横浜の司法書士ブログ | 戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

ブログ

相続についていろいろな手続きが必要になることが分かり

戸塚区で両親が小さな会社を経営していて、元々は母のおじいちゃんがはじめた商売だということは聞いていました。
父は婿に入って男の子ができなかった母の家業を継いだそうで、それから父が今のような会社組織にしたそうです。
私には兄もいたので、会社のことは関係ないと思っていて、家が実際にどんな商売をしているのかも分かっていなくて、特に興味もありませんでしたが、この度急に父が倒れて、兄もこのタイミングで会社を継がないことを宣言し出しました。
父は58歳で、当然まだこの先も仕事を続けるつもりでいて、兄はいずれは会社を継ぐつもりで修行のためと言って他の会社に就職していましたが、突然父が亡くなって心細くなってことと、現状で満足していて家庭も持っているので、リスクは回避したいということでした。
私も他の会社で働いていましたが、困っている母を見かねてまだ独身だったこともあり、私が会社を継ぐことを決めました。
兄は申し訳ないので相続は放棄すると言い出して、取引先の銀行からも遺産分割協議書などの書類を提出するように言われて、この度安西綜合事務所さんのお世話になることにしました。
自宅の他にも、父の名義になっていた不動産や株の証券もあったことから、相続に関するいろいろな手続きが必要になることが分かり、安西綜合事務所さんには、兄のことも含めてこの度大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。

父が亡くなり相続手続きなど全て任せることができて助かりました


私は一人息子ですが、栄区の実家は大学進学と共に出て、その後は北海道の酪農農家に就職したので、仕事柄なかなか実家に帰って来られる機会はありませんでした。
この度父が亡くなったと訃報が届いて、すぐに実家に駆けつけると、母と妹が父の遺体の前で泣いていて、特に母は体調も崩してやつれていたので、私が葬儀の喪主を務めることにしました。
職場からはしばらく休みをもらっていて、家のことで必要なことは全て終えてから帰ってくればいいと社長さんからも言われていました。
長く家を離れていたので、父の遺産がどのくらいあるのかも分からなくて、母から相続についても任せられてどうしようかと思いましたが、地元にずっといる妹にも手伝ってもらって安西綜合事務所を見つけることができて、相続手続など必要なことは全部代行してもらえたので助かりました。


PageTop