債務整理|戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

詳しくはこちら

お問合せはこちら

司法書士業務メモ

借金でお悩みの方

 借金問題でお悩みの方、当職が貴方にあった最適の方法でそのお悩みを解消致します。借金問題解決のポイントは、早期の対処です。病気と同じで、放っておくと借金は膨らむばかりで、気がつくと手遅れになる場合があります。一人で悩まないで、まずは当事務所にご相談ください。

借金でお悩みの方

具体的な借金の解決方法
 借金の問題を解決するには、大きく分けて4つの方法があります。
(1)任意整理とは 当職が、貴方に代わって、各債権者(サラ金、クレジット会社等)と直接交渉し、債権者から開示された取引経過の資料を元に利息制限法に基づく債務の引き直し計算を行います。これは、利息を借り入れ当初から18%(または20%)で再計算するやり方で、債権者から27〜28%あたりの利息で借りている人は、通常、この計算により、残りの借金が大きく減ります。あとは、当職が、各債権者と、残りの元金(経過利息、将来利息は全てカットします。)を無理のない金額で返済していく内容の和解契約を締結します。
ところで、取引期間が5年以上ある人は、この債務の引直計算により、借金がゼロ、または、借金がマイナス(つまりに借金を払い過ぎている状態)になることもあり、この払い過ぎたお金(これを、「過払金」と言います。)は、利息を付けて債権者から取り返すことが出来ます。この過払金については、このページの下の方を見て下さい。
(2)特定調停とは 裁判所にて、債権者と話し合い、借金の条件や返済方法を見直すことができます。具体的には、裁判所にいる調停委員という方がお互いの話を聞いて、両者を仲介します。ただ、あくまで話し合いなので、譲歩しない相手方には強制力がないということは任意整理と同じです。
(3)個人再生とは 裁判所を通すことによって、貴方の債務を最大で80%カットし、これを原則3年(最長5年)以内に分割で支払うことを内容としたものです。また住宅ローンを抱えている方は、全額を払うことを前提に、返済方法などを再調整(リスケジュール)することで、住宅を手放さなくて済みます。ただしこの手続きは、定期的な収入がないと認められず、また、他の手続きと比べて費用と時間がかかります。
(4)自己破産とは 収入がほとんどゼロのため、上記手続きによっても返済の目処が立たない場合に、借金をゼロ(免責)にする方法です。自己破産は、人生の再出発を計るための一つの手続きであって、決してマイナスに考える必要はありません。自己破産の目的は、「債務者の経済生活の再生の機会の確保を計ること」と破産法第1条に定めてあります。但し、借金の原因がギャンブル等遊技費の場合は、免責が認められないこともあり、又、財産の一部隠匿などが発覚した場合、免責は許可されません。さらに、免責が決定しても、税金や養育費等支払う必要があるものもあります。
過払金の返還請求
 現在消費者金融や信販会社へ毎月お金を返済している人が、実は借金を払いすぎていた、相当の過払金が発生していた、というケースがあります。これは少し前までのクレジット会社やサラ金は、ほとんどが利息制限法による制限利率(最大で年20%)を逸脱した利息での貸し付けを行っていました。制限利率を逸脱した部分の利息は違法であり、それを超えて支払った金額(利息)は、当然に元金に充当され、その結果、既に返済が終わっていた(「過払金」が発生していた。)というケースは決して珍しいことではありません。この過払金は、通常、利息を加えて相手から回収します。当然、借金を既に完済した人でも返還請求をすることが出来ます。
 ただし、最近の消費者金融の財務状況はどこもあまり健全でないところが多く、その会社が破綻してしまいますと過払金の回収は非常に困難になってしまいます。又、借金を完済した人も過払金の返還請求は出来ますが、時効の問題が絡んできます。いずれにしましても、過払金の返還請求は出来るだけ早く行うことをお勧めいたします。

電話によるご相談

メールによるご相談

PageTop