建物を増築、改築された方へ|横浜・不動産登記(売買、抵当権抹消、建物新築、増築)・相続/遺言・横浜市戸塚区・泉区

司法書士安西総合事務所

お問合せはこちら

司法書士業務メモ

建物を増築、改築された方へ
<T>建物を増築、改築された方へ

 建物を増築・改築した場合は、一ヶ月以内に増築による建物表題変更登記を登記所へ申請する必要があります。この登記手続きは所有者自らが行う必要があり、工事人が登記を行うことはありませんので、ご注意ください。
 登記をしなくても、通常は、役所が独自に調査し、固定資産税の課税台帳にその旨が反映されます。そうなりますと、登記に記載された床面積などの記録と、課税台帳記載の記録とにズレが生じることになり、正確な情報が公示されていない状態になってしまいます。また、将来、売却をする段階になって、決

建物を増築、改築された方へ

済日までに慌てて増築の登記をしなければならず、必要書類の収集が困難となることが考えられます。
 増築工事が終わりましたら、早めの登記手続きをおすすめします。

<U>ご自宅の増改築にかかる登記の必要書類のご案内

以下、ご参考にしてください。
 
□工事業者様の建物引渡証明書、印鑑証明書、会社資格証明書 (各1通ずつ)
□検査済証
□確認済証及び確認申請書類一式
□固定資産税の納税通知書
□請負契約書及び領収証
※上記の他、確認申請の内容によって、追加で必要書類が発生することがあります。
※上記書類が完備していない場合でも他の書類で代用できる場合があります。お気軽にお問い合わせください。


登記にかかる費用に関しては、こちらをご参照下さい。

<V>建物の増築にともなう登記手続きのよくある質問

Q1 自宅の敷地内に物置小屋を建てました。どのように登記すればいいですか?

Q2 昔の増築登記をしないまま、さらに増築をしました。この場合2回に分けて登記をしなければいけませんか?

Q3 所有者の異なる倉庫は、母屋の附属建物として登記できますか?

Q4 建築確認を取らないで増築しました。登記できますか?  など

まずはお気軽にご相談ください。

不動産登記(売買、抵当権抹消、建物新築、増築)・相続/遺言・会社設立・成年後見・その他登記のことなら横浜の司法書士安西総合事務所にお任せ下さい。

電話によるご相談
メールによるご相談

このページの先頭に戻る