相続登記・遺言、株式会社の登記のことなら司法書士<横浜市戸塚区・泉区>

司法書士安西総合事務所

お問合せはこちら

司法書士業務メモ

不動産の売買の登記でお悩みの方へ
<T>不動産の売買の登記でお悩みの方へ


 不動産を購入すれば、それに伴い不動産の登記名義の変更手続きを行う必要があります。この登記手続きは、今後、あなたが不動産を所有していることを第三者に対抗するための極めて大切な手続きです。登記記録には、過去の所有者の履歴とともに、購入した日付や、あなたの住所及び氏名が公示されます。
 登記名義の変更手続きには、通常、買主と売主の双方の協力が必要になり(共同申請主義)、また住宅ローンを組んで購入する場合は、金融機関の抵当権設定登記も必要になります。その他、登記上の売主の住所や氏名に変更があれば、事前に又は売買と同時に、併せてこれらの変更手続きをする必要があります。さらに、売主に住宅ローンが残っていれば、売買代金で完済し、担保権の抹消登記をする必要があります。
 一般的に、売買に伴うこれら一連の登記手続きは、全て同時に、かつ、間違いのないよう正確に行う必要があるため、登記に携わる司法書士には、登記実務に精通した知識と十分な経験が必要になります。
 
 

<U>登記費用のお問い合わせに関して

 
 登記費用に関しましては、売買の内容や対象物件によって異なるため、登記事項証明書と今年度の評価証明書(※)をご用意の上、お電話やメールにてお気軽にご連絡ください。

 ※通常、売主様が所持しておりますので、売主様からコピーを預かるか、又は仲介業者さんが取引に入っていれば、その方へ連絡してご用意下さい。

 当事務所では、創業以来30余年、数多くのお客様より登記手続きのご依頼を受けて参りました。今後とも皆様のお役にたてるよう登記手続きをサポート致します。



このページの先頭に戻る