判決と相続証明書|不動産登記・相続登記・遺言・会社設立登記・成年後見・司法書士安西総合事務所<横浜市戸塚区・泉区>

司法書士安西総合事務所

お問合せはこちら

司法書士業務メモ

テーマ「判決と相続証明書」


 家庭裁判所の調停又は審判に基づいて相続登記を申請する場合、戸籍謄本等の添付を要しないとする先例があります(昭和37.5.31民甲1489民事局長電報回答)。なぜなら、調停又は審判による遺産分割協議は、家庭裁判所への申立時に戸籍謄本等の添付が必要であり、調停調書又は審判書で相続関係を明らかにすることが出来るから、改めて戸籍謄本等の添付を求める必要はないものとされているからです。

 では、一般の民事裁判の場合はどうでしょうか。たとえば、ある日、Xさんは自分の持っている不動産の登記記録に、身に覚えのないA名義の抵当権設定登記があることを発見し、これを抹消したいと司法書士に相談しました。相談を受けた司法書士は、Xさんの代理人となってAを相手に裁判をしようとしましたが、Aは既に亡くなっていたことが判明し、Aの相続人であるY・Z の二名を相手に裁判し、その結果、Xさんの主張を全面的に認める勝訴の判決を得ました。

 さて、この判決(確定済)に基づいて、A名義の抵当権抹消登記を申請しようとしますが、抹消する前提として、一端、抵当権者をA名義からYZ名義に相続移転する必要が生じました。この場合、果たしてAの戸籍謄本等は必要でしょうか?


 (次回以降に続きます。)


不動産登記(売買、抵当権抹消、建物新築、増築)・相続/遺言・会社設立・成年後見・<横浜市戸塚区・泉区>登記のことなら横浜の司法書士安西総合事務所にお任せ下さい。




このページの先頭に戻る