会社設立を司法書士に依頼するメリットは?|戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

FAQ

会社設立を司法書士に依頼するメリットは?

長年勤めた会社を退職して、現在失業保険をもらっています。
退職したのは自分で会社を起業するためで、そのためにこれまで長い間顧客を獲得するなどの準備をしてきました。
この度ようやくこの先一人でもやっていける自信がついたので実行に移したわけですが、会社設立には複雑な業務もいろいろあることを改めて実感して、専門家の力も借りようと考えています。
候補としては、税理士、行政書士、そして司法書士ですが、司法書士に会社設立を依頼するメリットと、もしもデメリットもあればそれも含めて教えてもらえるよう、どうぞよろしくお願いいたします。

answer

大半の業務は司法書士でしか対応できない点が一番のメリットです。

会社設立にあたり司法書士が行っている主な業務として、「会社設立時の法人登記申請代行」「会社設立後の登記事項変更などに関する申請代行」「会社説理時の行政手続きに関連する書類の作成代行」があります。
このうちの頭2つは、司法書士の独占業務であることが法律でも定められていることから、税理士や行政書士に依頼しても、申請手続きは自分自身で行わなければいけません。
他の士業に会社設立を依頼しても、大半の業務は司法書士でなければできない点が、司法書士を選択する一番のメリットと言えるでしょう。
今後お世話になることを決めた税理士に会社設立の手続きを依頼するのはいいとして、まだ顧問税理士を決めていない状態で税理士に会社設立の手伝いを依頼すると、その後の顧問契約を強く求められる可能性が高くなります。
また、司法書士を選ぶと会社設立後にスムーズにアフターフォーローを受けやすくなるのも大きなメリットです。
会社を長く経営していれば、事業内容の変更や役員の変更などが必要になるケースは良くあることです。
司法書士を選ぶデメリットとしては、税理士や行政書士よりも費用面が多少高額なる可能性が高いという点が挙げられます。

PageTop