債務整理の司法書士と弁護士の違い|戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

FAQ

債務整理は司法書士でも弁護士でも一緒?

父から家業を継いで、これまで時代遅れの商売を何とか盛り上げて、自分なりに新しいものもいろいろ取り入れて、一時は無借金経営も夢ではないところまでいったのですが、立て続けに取引先が倒産して、逆に銀行からの借入額が家業を継いだ時よりも多くなり、さらにノンバンクからも高金利で借金をすると、キャッシュフローが回らなくなってしまい、債務整理を考えています。
当然弁護士事務所に相談すれば、それだけの費用が発生するので、相談までなら無料で対応してくれる戸塚区内の司法書士事務所に行こうと思っているのですが、実際に債務整理を行う場合は、司法書士でも弁護士でも変わりはないのでしょうか?

answer

借入金額の制限や費用の違いがあります

弁護士であれば、どのような債務整理の方法でも対応可能で、債務の金額にも制限がないため、相談した後でやっぱりお役に立てませんでした、というリスクはありません。
ただし、弁護士によって債務整理の経験が乏しい場合もありますし、どうしても相談料だけではなく、全体的な費用が高額になるデメリットもあります。
この点司法書士であれば、無料で相談に応じてくれる他にも、弁護士よりも費用が安くなるメリットがあります。
司法書士に債務整理の手続きを依頼するデメリットとして、債務者の借入金額が1社あたり140万円を超えている場合は、交渉権や訴訟代理権がないことが挙げられますが、金額がこれに満たない場合は、債務整理に精通している司法書士に依頼した方が、良い結果に導いてもらえる可能性もあります。
もちろん、相談だけなら金額に関係なく乗ってもらえます。
したがって、費用のことがネックになっているなら、まずは無料で債務整理を得意としている司法書士事務所に相談してから、その後の対策についてアドバイスをもらうことをおすすめします。

PageTop