不動産の名義変更はいつまですべき?|戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

FAQ

不動産の名義変更はいつまですべき?

父が先日亡くなりました。
次男の私が3年ほど前から戸塚区の実家に戻ってきて、両親と同居をしてきましたが、私には兄と姉が2人いて、実家は父の名義であることから、家の相続をどうするかで悩んでいます。
母とはそのまま同居を続ける予定なので、兄たちは名義を今のままにしていればいいというのですが、本当にそれで問題ないのでしょうか?
心配になって前に相続経験がある叔父さんに個人的に相談に行くと、他に目だった財産もないみたいだし、相続税はかからないだろうから、私はいいならそれでいいと思うということでした。
叔父さんも同じような状況で、まだ家の名義の変更はしていないということでしたが、本来はいつまで名義変更をすべきなのでしょうか?

answer

期限はありませんが早めに名義変更を行うことを推奨します。

相続税の支払義務が生じた場合は、決められた期間内に手続きをしなければいけませんが、そうでなければ、土地や建物の名義変更をいつまでにしなければいけないという期限は特にありません。
当然、長い間名義をお父様のままにしていても罰則もありません。
多くの方が、同じような状況でご実家でそのまま暮らす場合は、名義を故人様のままにしている現実があります。
ただし、家や土地を売却したり、家を建て替えするなどの場合は、名義変更を余儀なくされることもあり、あまりにも長い間放置しておくと、名義変更の手続き自体が難しくなってしまうケースもあります。
ご兄弟が多いということで、相続人がすでにたくさんいらっしゃいますので、ご兄弟が亡くなったりして、相続人がさらに増えるとかなり厄介になることも考えられます。
相続人が多い場合は、誰かがご実家を担保に借金などをするケースも考えられ、それが返済できなくなった場合は、家を差し押さえられる可能性もありますので、できれば早めにご兄弟で話し合って、名義変更を行うことを推奨します。

PageTop