戸塚・泉・栄で不動産名義変更をするときの失敗|戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

FAQ

戸塚・泉・栄で不動産名義変更をするときによくある失敗はなんですか?

私は今度父親から不動産を相続するつもりであり、その際には不動産名義変更をしなければいけません。
そこで、戸塚や泉、栄にある法律事務所に相談をして、不動産の名義変更を依頼したいと考えています。
しかし、これまでに不動産名義変更の経験がなく、失敗したらどうしようと不安になっているところです。
そこで、不動産名義変更の際によくある失敗があれば教えてもらいたいです。

answer

不動産の一部を移転漏れしてしまうケースがあります

不動産名義変更は滅多にすることではなく、経験がないと不安になってしまいますよね。
我々はさまざまな手続きのサポートをするというサービスを展開していて、不動産名義変更を扱った経験も豊富にあります。
さまざまな問い合わせが寄せられることがあり、その際には正確なアドバイスをすることを心がけています。
この前取り扱ったケースでは、初めて不動産名義変更をするためよくあるミスを教えて欲しいとのことでした。
そこで、不動産の名義変更をする際にはその物件に関するすべての土地や建物を移転するのですが、一部の移転が漏れてしまうケースがあると説明しました。
たとえば、私道持分を持っていたり、離れた場所にも土地を持っていたりするケースがあり、この場合には勘違いして不動産名義変更が一部漏れてしまうことあるのです。
そのような事態を避けるためには、これから不動産名義変更をする建物や土地についてしっかりと調べておくことが大切です。
このような説明をしたところ、こちらの方は理解してくださり、しっかりと調べて資料を集めてから依頼したいといわれました。
このように、不動産名義変更では、一部の土地だけが手続き漏れするということは稀に存在していて、専門家が見逃してしまうケースもあるのです。
不動産に付随した私道などが移転漏れする事例はたくさんあるため、このようなミスが生じないように注意しましょう。
たとえば、不動産売却するときには、移転漏れがあると支障が出ることがあります。

PageTop