不動産の名義変更が必要か|

司法書士安西総合事務所

FAQ

不動産の名義変更が必要か教えてください。

私には弟と1人と妹2人の3人の弟妹がいます。
大学を出た後で各地を転勤で回っていましたが、その後横浜の本社に戻って来て、結婚してからはずっと戸塚区の実家に両親と同居しています。
6年前に母が亡くなり、先日父も亡くなりましたが、相続税は掛からないことを確認して、他の弟妹たちもこれまで親の面倒をずっとみてもらったのだから、私たちがそのまま家に住み続けてもいいと快く了承してくれました。
母が亡くなる前に、大掛かりなリフォーム工事もしていて、死ぬまでここに住み続ける予定ですが、亡くなった父の名義のままで住み続けても問題はありませんか?
問題があるとしたら、どのようなことが考えられるのか教えてください。

answer

法律的には問題ありませんが早めの名義変更を

まずは、相続が発生したとしても、お父様の名義のままでご実家に住み続けても問題はありません。
相続登記に関しては、いつまでにしなければいけないという期限はありませんので、法律的にも問題はありません。
ただし、今のところはご弟妹の仲が良くてご実家にお兄様夫婦が住み続けることに納得されていたとしても、今後兄弟が不仲となることも十分に考えられます。
さらに兄弟の仲が悪くならなかったとして、ご弟妹の誰かが亡くなった場合、その妻と子供が新たに相続人になることも考えられ、新たな相続トラブルに発展することも考えられます。
そうでなくても、急にご弟妹の誰かがお金に困って、自分の取り分を請求してくる可能性もありますので、それらの問題を避けるためには、遺産相続を他のご弟妹に放棄してもらうことをおすすめします。
その他にも、ご自分が亡くなった場合は、奥さんやお子さんに相続権が移ることになりますが、その際にお父さんの名義のままだと、手続が複雑になり大きな負担を残すことになります。
もちろん、気が変わって家を売却する際には、不動産の名義が所有者と一致していなければいけないので、早めの名義変更をおすすめします。

PageTop