家族信託するときは親族に相談するべきか|戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

FAQ

戸塚・泉・栄で家族信託するときは親族に相談するべきですか?

戸塚・泉・栄にある司法書士の事務所を利用してこれから家族信託をしたいと考えています。
そのときに疑問に思ったのは、親族に対して家族信託をすることをあらかじめ相談したほうが良いのかということです。
手続きをしたあとで親族に家族信託をした事実を伝えるとトラブルになることがあるかもしれず不安に思っています。
これから家族信託の手続きをするまえにこの不安を解決しておきたいため、詳しいことを教えてください。

answer

できれば事前に相談しておくとトラブルを防げます

家族信託の手続きをするにあたって、事前にトラブルの可能性を防いでおきたいと考える人は多いでしょう。
私達はいろいろな法律の手続きを代行している業者であり、さまざまなニーズに応えてきました。
特に家族信託に関する相談を受け付けることが多く、いろいろな悩みや不安を抱えている人がいるため、それらの問題を解決してきたのです。
この前は家族信託について不安があるという相談をいただいたため、しっかりと対応しました。
そちらの人は家族信託の手続きについて、他の親族にそのことを伝える必要があるのか知りたいとのことでした。
そこで、後でトラブルになるのを防ぎたいのであれば、家族信託の手続きをしたことを親族に報告しておいた方がよいと説明しました。
家族信託は将来の財産の問題に関わってくるものであり、家族信託をした事実を知らなかった親族から文句の声が出てくる可能性があるのです。
そのため、家族信託の手続きをする段階で親族に了解を求めておいた方が後々のトラブルを防ぐことができると説明したところ納得してもらいました。
家族信託というのは資産管理に関係するものであり、資産というのは親族にも関わってくる問題となり、お金の問題のためトラブルの可能性も出てくるものです。
いろいろなトラブルを避けるためには法律上の手続きをするときにはそのことを関係する親族にも伝えておいた方がよいと覚えておきましょう。

PageTop