家族信託のメリットとデメリット|

司法書士安西総合事務所

FAQ

家族信託のメリットとデメリットは?

当初は成年後見制度の利用を考えて、その相談ができる専門家を探していたのですが、泉区の無料法律相談を利用して事情を詳しく説明すると、それなら家族信託の方が柔軟な財産管理が実行できるというアドバイスをいただきました。
無料相談ということで時間が限られていたので、詳しい話は聞けませんでしたが、家族信託のメリットとデメリットについて教えてください。

answer

家族信託を利用する場合はそれに精通した専門家に

成年後見制度には、家庭裁判所への定期的な報告義務や、後見監督人が専任された場合は、ずっと報酬の負担が継続することになり、さらに成年後見人ができるのは、家族ではなく本人にとってのメリットだけに限られるいろいろな負担やデメリットがあります。
その点家族信託の場合は、本人がまだ元気なうちに、今後の方針や希望や付与する権限などを信託契約書として残すことができるので、それに反しない限りは、柔軟な財産管理や資産の有効活用を行うことができます。
成年後見制度を利用した場合は、資産の組み換えや不動産の買い替えなどの相続対策などの実行ができないケースも多いのですが、家族信託の場合は、本人の健康状態に関わらず、相続開始されるギリギリまで実行できるメリットがあります。
家族信託は遺言の機能も持ち、本人が亡くなった後も受託者の下で財産の管理が可能になります。
家族信託を利用するリスクやデメリットはほぼありませんが、家族信託では対応できないこともあります。
例えば、遺留分減殺対象財産の順序指定は遺言でなければできません。
さらに、信託契約では相続発生時の全ての遺産を把握できませんので、その分については遺言書を作成して、遺産の承継先を別に指定しておかなければいけません。
現在はまだ家族信託に精通した専門家が少ないことも、制度の利用を実行する上で懸念されるポイントで、誰に相談するかがとても重要になります。

PageTop