相続登記を完璧にやってもらえる司法書士|戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

FAQ

ややこしい相続登記を完璧にやってもらえる司法書士探しています

戸塚・泉・栄の地区に、私たち兄弟が住んでいるのですが、今、とても揉めています。
原因は、父の相続です。
というのも、両親は私たちが小学生の頃に離婚し、私(長女)は父に、妹と弟は母に引き取られました。
それ以来、ほぼ連絡をとることもなく、たまに会う程度の関係でした。
両親の離婚と原因と、なぜ私だけが引き取られたのかはわかりませんでしたが、父は私に苦労はかけまいととても頑張って子育てと仕事を頑張り、おかげさまで我が家はそれなりに裕福な暮らしができていました。
そんな父が先日亡くなったのですが、その途端、兄弟から連絡があり、相続についての話がありました。
まあ、相続の権利があるから、金をよこせという感じです。
私は実の兄弟なので、そのことには全く抵抗はありません。
しかし、状況が状況だけに、父の死よりもお金に目が眩んでいる妹と弟に悲しくなってしまい、早く相続登記を済ませてしまいたいと考えています。
煩わしい人間関係なので、そういったことも踏まえて、司法書士さんは引き受けてくれるのでしょうか?

answer

委任されれば司法書士が対応します

相続については、原則として「揉める」と考えている司法書士は多いでしょう。
家族間であっても、お金が絡むと揉めるというのは、なかなか悲しい現実ですね。
原則として、相続登記は相続の割合などを法律に則って行うので、それで良ければ司法書士が受任した以上、書類関係はもちろん、相続者への連絡なども引き受けます。
しかし、やはり揉めるケースが多いことも事実です。
その場合は、司法書士でできる範囲はやりますが、最悪のケースとしては裁判などに持ち込まれる場合もあります。
そうなると、司法書士ではなく弁護士に依頼する必要が出てくるでしょう。
今回のケースは、相談者さんが良くても、ご家族がもしかしたら権利を主張してくる場合もあるので、場合によっては最初から弁護士を入れた上で対応する必要もあるかもしれません。

PageTop