投資向け物件の相続手続き|戸塚区・泉区・栄区の不動産登記や相続手続きは、司法書士安西総合事務所にお任せください。

司法書士安西総合事務所

FAQ

戸塚区・泉区・栄区にそれぞれ投資向け物件があります。これらの相続手続きをしたいです。

横浜市栄区の大船に住んでいるものです。
近隣のエリアに投資用物件を複数抱えています。いわゆる大家なのですが、幸い、いい入居者に恵まれて、家賃収入も安定しています。ただ、老いも進んでしまい、今後のことを真剣に考えようと感じています。
子供が2人いるのですが、どのように相続すれば家族の負担が少なく住むでしょうか?いろいろ遺してしまうと、あとあとの紛争のもとになると聞きます。
ただ、安定した家賃収入がある以上、一時的にお金が入るよりも遺す家族にとっても使い勝手がいいと思うのですが、いかがでしょうか。
アドバイスをお願いします。

answer

お近くの司法書士事務所にご相談ください

遺産として不動産を遺すことをお考えの方は多くいらっしゃいます。そして相続の際のもめごとの多くの原因もまた、不動産に由来するようです。
司法書士事務所では不動産の登記を通じて、将来のトラブルを極力抑える形は何か、依頼される方と相談しながら模索していきます。
今回のご相談では複数の物件を相続対象にお考えとのこと。まずは不動産鑑定士を通し、現状の価値について再度チェックしてみることをおすすめします。あわせて今後の住宅需要についても人口形成の変化などを参考に予測を立ててみます。その上で、今売却してしまった方がシンプルにことを進められるのか、今後も保有したほうが安定した資産形成につながるのかの判断をしていくのが大切です。
もちろん、相続を予定されているお子さんとの話し合いも必須です。遺言状だけに頼るのは危険です。第三者である司法書士も含めて、ご家族でよく話し合うことがトラブルを未然に防ぐことにつながります。
税制、必要な手続き、届け出などで不明な点は司法書士事務所に随時お尋ねください。ご家族皆さんが円満に相続できることが第一です。司法書士事務所ではそのサポートをいたします。まずはお近くの事務所を検索の上、お電話してみてください。

PageTop