業務内容|横浜・不動産登記(売買、抵当権抹消、建物新築、増築)・相続/遺言・横浜市戸塚区・泉区

司法書士安西総合事務所

お問合せはこちら

司法書士業務メモ

業務内容
主たる業務 ・不動産登記手続全般
・相続・遺言の手続
・会社登記手続
・成年後見手続
・債務整理手続
・裁判事務手続
司法書士の業務範囲

 司法書士は、他人の依頼を受けて、次の業務を行うことが出来ます。

(1) 登記又は供託に関する手続について代理すること。
(2) 裁判所、検察庁又は法務局若しくは地方法務局に提出する書類を作成すること。
(3) これらの手続きについて相談に応じること。


※具体的な登記手続きとしては、相続・売買や財産分与等による所有権移転登記、住宅ローンの返済による抵当権抹消登記又は、株式会社の設立登記や役員の変更登記、有限会社から株式会社への変更登記等です。 又(2)に関しては、例えば、裁判所に提出すべき訴状や答弁書その他準備書面の作成を、依頼人に代わって司法書士が行うことが出来るとするものです。

 なお、これらの登記手続きを他人に代わって行うことが出来るのは、法律で司法書士か弁護士と決まっておりますので、登記のご依頼の際にはご注意下さい。

電話によるご相談
メールによるご相談

このページの先頭に戻る